お知らせ・活動報告

「世界ポリオデー」

【国際ロータリー2780地区第6グループ】

(大和市内3クラブ合同・大和RC、大和中RC、大和田園RC

世界からポリオを撲滅し、ポリオフリー(ポリオのない状態)に保つことを目的とした『END POLIO NOW』活動

 

 

 

日時 : 令和3年10月24日() 11:00~13:00(雨天決行)

場所 : 大和駅周辺プロムナード

活動内容 : END POLIO NOW風船プレゼント・パンフレット配布

 (個数 : 200個 なくなり次第終了致します)

 

『ポリオ根絶キャンペーンin大和駅周辺プロムナード

もう少しで、世界からポリオ(小児麻痺)がなくなります。もう少しで!! 』

 

ポリオとは

ポリオウィルスによって手足に急性麻痺が現れる病気です。かつては、小さいお子さんがかかりやすい代表的な病気であったので、「小児麻痺」という名前でも呼ばれていました。

ポリオを発症した場合、現在の医療技術でも完全に治すことが困難であるため、ワクチン接種による予防が何よりも重要であると考えられています。

日本では、かつてポリオは社会的な問題となっていましたが、1961年にワクチンが誕生して以来、患者数が激減しています。日本国内では1980年に1人の発症があったのを最後に、この病気を新たに発症された方は確認されていないといわれています。

世界に目を向けると、1980年代末の時点で、毎年35万人の子供がポリオウィルスによる身体麻痺の犠牲になっていました。その後、ワクチン接種により減少したものの、ゼロになったわけではありません。今年の調査では、パキスタンとアフガニスタンで各1名の発症が確認されました。言い換えればポリオ根絶まで本当にあと少しといったところが、今の状況だといえます。

もしポリオが世界から根絶されれば、天然痘に続いて2番目に根絶された疾病となり、公共保健の歴史上、最も大きな功績のひとつになります。

ワクチン接種がより進めば、ゼロにすることも夢ではないということです。

そして、我が国に於いては、女性の方、特にお母さんはポリオを身近に感じている方もいるかもしれません。

反対に男性の認知率は残念ながら高くないので、このような機会に是非男性のみなさんも他人事だと思わず、広く知って頂きたいです。

また、検索サイトで「エンド・ポリオ・ナウ」とカタカナで入力して頂くと、ホームページが表示され寄付も行えます。

手続きも3分ほど、100円だけでも寄付していただくだけで、5人分のワクチンを送ることが出来ます。

 

あなたの3分という時間と、少しのお金を使って、ぜひポリオ根絶に、ご協力下さい。


RI President Conference in Gyeongju, Korea:第1回会長主催会議 


会員各位



例会スケジュール