会長方針


 

本年度運営方針

 

会長 小林 貢

 

 

【時代を超えて!

 

   さらに深めよう親睦、推し進めよう奉仕の実践】

 


 

わが大和田園ロータリークラブは、1983年(昭和58年)に創立され昭和、平成、そして令和の時代に遷りました。この(かん)、営々として築かれてきたクラブの会員基盤をさらに強固にし、親睦を深め、奉仕活動に対する会員の参加意識を一段と高めて行きましょう。そのために前年度で(ちょ)()いた二つの奉仕プロジェクトを会員が参加し実践してくことが大切であり、そのことが地域社会あるいは国際社会に対し具体的な活動を始めることになるのではないでしょうか。

 

ロータリーの親睦は例会に出席し、会員相互のロータリーに対する「思いやりの交換である」と言われております。このためには例会の充実が挙げられますが、限られた時間の中でお互いの意思疎通が十分ではないのかもしれません。その場合の対策として小委員会の活動を活発化し親睦をさらに深めていきましょう。

 

 今年度のマーク・ダニエル・マローニRi会長のテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。そしてさらに「ロータリーがなければ出会うことがなかった人々、職業上の機会、私たちの支援を必要とする人たちとのつながりをもたらしてくれます。」と続けています。まさに大和田園ロータリークラブが取り組んでいる奉仕の実践に通じるテーマであると思います。会員皆様のご支援ご協力をお願いいたします。